ブログ

各学科の授業の様子や最新情報を配信します。

いよいよ今週!卒業研究発表会に向けて

2018年01月22日

生命工学技術科 バイオサイエンス専攻生命工学技術科 ロボット専攻

3年生が1年間かけて取り組んできた卒業研究 :c11:

ついに今週の金曜日、集大成を発表する卒業研究発表会が行われます :a5:

 

今日は、優秀演題に選ばれた学生が、学校で予行練習を行いました :b4:

練習には他の学科の先生も見に来てくださり、いろいろな視点からの指摘をうけて、どんどん発表の内容が磨かれていましたよ :a7:

 

 

生命工学技術科から優秀演題に選ばれたのは、次の2題です!

 

:b9:バイオサイエンス専攻

精油による皮膚細胞賦活作用の検討

DUIvmCuVwAABCum

精油とは、植物の花・葉・果皮・樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含んだ良い香りのする物質です。

各植物によって特有の香りと機能を持ち、抗菌作用や食欲増進作用などの効果があります。

優秀班の研究では、作用に関して報告の少ない細胞賦活作用に着目しました :b1:3

細胞賦活作用とは、細胞の増殖や代謝を活性化する働きのことです。

皮膚細胞に作用することで細胞のターンオーバー(新陳代謝)促進などの効果が期待できます :a6:

今回は明確な報告は無いものの皮膚細胞への有効性があると考えられている精油を用いて、ヒト皮膚由来細胞に対する細胞賦活作用を検討しました :a7:

 

 

:b9:ロボット専攻

プログラミング教育用教材の提案

DUIvmCvU8AEhWfr

 

文部科学省の調査によると、近年IT人材が不足しており、2030年には推定79万人もの人材不足が予想されています。

その打開策として、小学校でのプログラミング教育の必修化が決定しました。

しかし、現在小学校にはプログラミングに知識のある教員が少なく、研修や教育に時間がかかります。

また、取り扱いやすい教材がまだないという問題もあります。

卒業研究では知識の少ない教員でも扱いやすいプログラミング教材を提案します :a2:

 

 

どちらの班の研究も、とってもおもしろそうです :a7:

本番の発表が楽しみですね!

 

その他の学科の発表内容に興味がある!という方は、★こちら★をご確認ください :a5:

 

卒業研究発表会まであと少し!最後まで頑張りましょうね :a6: