大阪ハイテク vs 大学

大学への進学と迷っている方も多いと思います。
そんな悩みを解消するポイントをデータで比較!

Compare01卒業後の就職率は!?

100%を可能にする抜群のサポート体制
担任とキャリアセンターのスタッフ
二人三脚で就職活動をバックアップ
業界とのアクセス数は年間約3,902件
スタッフが日々、企業や病院などを訪問
精度の高い就職先の選定
卒業生の在職先や定着率のデータも併用

平成28年の大阪ハイテクの就職率は100%。大学と比べて高い就職率で推移しています。
大学が景気の影響を受けて浮き沈みが激しいのに比べ、ハイテクは不況のときでも就職率が安定しています。
それは、担任とキャリアセンターのスタッフが二人三脚で就職活動をバックアップしているから。スタッフは日々、企業や病院などを訪問し、情報収集に精力的に取り組んでいます。業界とのアクセス数は年間約3,902件にのぼります。
そこで得た情報を学生にフィードバック。卒業生の在職先や定着率のデータも併用し、より精度の高い就職先の選定を行っています。豊富な情報力とネットワークで、平成28年は1740件の求人件数を獲得しました。

Win!

大阪ハイテクは就職率100%!
大学は景気が影響

Compare02就職先はどうなってる!?

いくら就職率100%と言っても、大切なのは中身です!大阪ハイテクと大学の卒業生の就職先を比較。

大阪ハイテク

大学では、スポーツインストラクターになりたかったのに一般企業で事務職・・・
バイオサイエンスの仕事がしたかったのに営業職・・・
そんな話もたくさん聞きます。
大阪ハイテクは学んだ専門知識が活かせる職場への就職をサポートします。

Win!

学んだ内容を生かす就職ができるのは大阪ハイテク!!

Compare03勉強のサポートは!?

授業の様子を比較

ハイテクは、クラス担任制。
一人ひとりの学生に目が行き届きます。
休み時間や放課後、いつでも質問しにいける環境です。
大学は履修する授業に学生がそれぞれ参加。
学生の理解に関わらず、授業はどんどん進んでいきます。

Win!

一人ひとりに向き合う
サポートがハイテクの良さ!

Compare04初任給やキャリアップの差は!?

初任給

大卒に比べると初任給が少ない企業もあります。しかし、大学生に比べて1、2年早く働き始めることができます。
1年分の収入を早く得られるのは大きなポイントです。1年後の昇給も考慮に入れると、同じ年齢で差がでることはあまり無いでしょう。

キャリアアップ

滋慶医療科学大学院大学「大学院卒」の資格が取得可能!

病院など医療機関の
管理職の必要資格にも対応

大学全入時代と言われる今日、「大学卒」はあまり価値のあるブランドではなくなってきました。
病院などの医療機関で管理職を目指すなら、「大学院卒」の資格が必要になることがあります。
大阪ハイテクは、そんなみなさんのために、大学院卒の資格を得ることができる滋慶医療科学大学院大学を用意しています。
専門学校の卒業生でも3年以上臨床現場で働けば、大学院の受験資格を得ることができます。
ハイテクを卒業した後のキャリアアップもサポートしますので、ぜひご相談ください。

Win!

学歴より臨床経験が大事!
ハイテクなら卒業後も生涯にわたって
キャリアサポート