スポーツ現場実習

SportsField Training

トレーニングやケガの応急処置などを、
多彩なスポーツ現場でプロが直接指導!

学生の努力・頑張りに応じて実習内容が基礎から発展、応用へとステップアップ。

〈アスレティックトレーナー実習規定 計180時間(1回上限3時間)〉

母校実習を含めた基礎実習を40時間終了後に希望チームのトレーナーと面談し、チームに所属して発展実習へ。さらに100時間の実習時間を満たした者及び所属チームの代表トレーナー(教員)の推薦により、日本代表選手などをサポートする応用実習へとステップアップすることができます。

ステップアップシステム

  • コミュニケーション力

    ここで40時間の経験を積み、コミュニケーション力を高め、発展実習へステップアップ

  • 01

    スポーツ現場の雰囲気をつかむことができます。

  • 02

    母校実習など慣れ親しんだ場所で、安心して実習に 取り組むことができます。

  • 03

    様々な種目、年代に関わることで。コミュニケーション力アップします

  • リーダーシップ

    より専門的な実習100時間を通してリーダーシップを高め、応用実習へステップアップ

  • 01

    興味の強い分野に特化して実習に取り組むことができます。

  • 02

    PDCA(計画・実行・評価・改善)をくり返すことでリーダーシップが養われます。

  • 03

    選手やチームのウォーミングアップ、テーピングなどを 任され、 仕事のやりがいを実感できます。

  • トップマネージメント

    将来(卒業後)を考えて、在学中にトップアスリートのマネージメントを経験

  • 01

    国内トップアスリートやチームのサポートを在学中に経験できます。

  • 02

    日本代表クラスの大会などにも帯同でき、トップレベルが競い合う場を経験できます。

  • 03

    トップアスリートのサポートについて、マネージメントも含めて多角的に考える力が身につきます。

現場実習REPORT

アメリカンフットボールXリーグ west2チームでの通年実習

1シーズン通して実習を展開。ウォーミングアップや水分補給のサポート、ストレッチ、テーピングなどについて、アスレティックトレーナーから直接指導が受けられます

  • アメフトやラグビーの現場は
    学びがいっぱい

    アメフトやラグビーはコンタクトスポーツと呼ばれ、選手同士の接触が多いためにケガが多発します。ケガが多いということはその分トレーナーの出番も多く、学ぶことがたくさんあります。将来は別の競技をサポートしたいという学生も、トレーナーの基礎を身につけるため、積極的にアメフトやラグビーの現場実習に参加しています。

15人制女子ラグビー関西代表候補が来校

関西代表候補の選手たちが、大阪ハイテクのトレーニングルームを使用。学生たちはトレーニングメニューの立案と指導を行っています。

スポーツイベント

市民ランナー向けイベントや高校生の大会にトレーナーブースを開設。学生たちは先生と一緒に、コンディショニング(スポーツマッサージなど)やケガの応急処置、トレーニング相談などを行っています。

高校部活動サポートほか

部員、マネージャー、先生とコミュニケーションを取りながら一緒にトレーニングメニューを考え、指導をはじめ様々なサポートを行っています。

大阪ハイテクのスポーツが学べる学科はこちら

オープンキャンパス・資料請求はこちら

Posting....