ハイテク VOICE

graduate
  • 臨床工学技士

臨床工学技士専攻科 卒業

藤井 順也 さん

就職先:大阪医療センター

私のような負けず嫌いな人には この仕事は向いていると思います。

大阪市にある国立大阪医療センターで、医療機器の管理や、患者様への透析、心臓外科オペに携わっています。 大阪ハイテクでは専攻科に所属していたので、在籍期間は1年と短かったのですが、放課後の勉強会や対策授業など、国家試験のためのプログラムがとても充実していたことで、追い込みに力を注げたことは大きかったですね。それに、私は何よりも負けず嫌いなので、臨床工学技士になって1年目の頃は、医師や上司の話がすぐには理解できず、悔しくて夜も眠れなかったんです。このままでは同僚やハイテク時代のクラスメイトに遅れを取ってしまう……。そんな焦りが、逆に自分の心に火を付けました。帰宅後や休みの日を利用して猛勉強。今はコミュニケーションも仕事も軌道に乗っています。そういう意味では、負けず嫌いな人にこそこの仕事は向いているのかもしれませんね。その上、臨床の業務に携わりながら、希望すれば研究だってできるんです。実際、多くの臨床工学技士が学会で研究や症例などの発表を行っています。こんなに面白みのある職業は、そうそうないと思います。
将来は、人工呼吸器やペースメーカーなどの幅広い知識を身につけて、世界でも通用するオールラウンドな臨床工学技士をめざしていきたいと思います。

臨床工学技士 とは?

チーム医療の一員として医療機器の操作や管理を担当します。手術室で人工心肺装置を操作したり、医療機器センターで機器を点検したり、活躍の場はどんどん広がっています。

臨床工学技士の卒業生一覧はこちら