ハイテク VOICE

graduate
  • 医薬品開発者

バイオサイエンス専攻 卒業

A・K さん

就職先:JCRファーマ株式会社

予想外の結果に一喜一憂することも。 「人と違うことをしている」というワクワク感がたまりません。

 生物の神秘にあこがれて、中高生の頃には「将来はバイオ業界で働きたい」とぼんやりと考えていたのですが、大阪ハイテクに進学してから、バイオにもいろんな分野があることを知ってびっくりしました。その中でもいろいろと考えた末、医薬品の分野がとても面白そうだなと思って、進路を決めました。
現在仕事をしている会社は、バイオ技術を使った日本の医薬品メーカーの草分け的存在で、私はそこで細胞を培養する「培地」を作り、そこに遺伝子を入れた細胞を移して増殖する「継代」という仕事を任されています。また、目的のタンパク質が細胞からきちんと作られているか確認する「タンパク質検出」という業務も行っています。作業はグループ単位で行うため、他のメンバーに迷惑をかけないよう、実験の手順など気をつかいます。どんな反応がでるのかまったくわからないので、予想外の結果に一喜一憂することも。でもそれが、「他の人と違うことをやっている」というワクワク感が、やっぱりたまらないですね。特に望んでいた結果が出た時の喜びは、言葉では言い尽くせないほどうれしいです。
大阪ハイテクでは実習がたくさんあったので、例えば溶液を量り取るマイクロピペットや、ピペットに吸い上げて流し出す安全ピペッターなど、基本器具の使い方が現場ですぐに役立ち助かりました。また、授業でとったノートはいまも見返すときがあり、とても役立っています。

医薬品開発者 とは?

新薬開発やジェネリック医薬品の開発などに携わる事ができる仕事です。

医薬品開発者の卒業生一覧はこちら
Posting....