ハイテク VOICE

graduate
  • 臨床工学技士

臨床工学技士科 卒業

岸本 亮 さん

就職先:関西医科大学 香里病院

患者さんの「ありがとう」が何よりのやりがい!

Q:臨床工学技士を目指そうと思ったきっかけは?
元々、機械を触ることが好きでした。また、将来は医療の現場に携わりたいと思っていました。その、両方を叶えることができる仕事が臨床工学技士だったのです。これだ!と思いました。
Q:現在の仕事内容をできるだけ詳しく教えてください。
血液浄化部門にて、血液透析及び、アフェレシス治療に従事させていただいてます。
Q:仕事を行ううえで大切にしていることはありますか?
●患者さまや他の医療スタッフへ笑顔で接すること。
●自分自身に足りないと感じているコミュニケーションを意識すること。
●相手に物事をきちんと伝えられるプレゼン力を向上させること。
●信頼関係を構築すること。
これらを意識しながら、日々の業務を行っています。
Q:仕事のやりがいはどのようなところにありますか?
患者さんとしっかり向合い、お話することで治療に対する理解を深めていただけたり、「ありがとう」という言葉を聞くと、仕事をしていてよかったと実感します!
Q:学生時代、印象に残っていることや、今に役立っていることはありますか?
学生時代は、よく授業後にクラスメイトと残って勉強しました。そういう何気ない日常が印象に残っています(笑)。またその仲間は、卒業した今でも仕事について話をしたり、相談したり、時には集まって遊べる大切な存在となっています。大阪ハイテクで、同じ志を持った仲間は一生ものだと感じます。
Q:医療現場で活躍したい!臨床工学技士を目指したい!と思っている方へメッセージをお願いします。
共に、臨床工学技士として働ける日を楽しみにしています!
臨床工学技士として、医療従事者として是非一緒に頑張りましょう!!

臨床工学技士 とは?

チーム医療の一員として医療機器の操作や管理を担当します。手術室で人工心肺装置を操作したり、医療機器センターで機器を点検したり、活躍の場はどんどん広がっています。

臨床工学技士の卒業生一覧はこちら