ブログ

blog

昼間部3年生の臨床実習が終わりました!

昼間部3年生は5月14日(火)から6月24日(月)の6週間に渡って、実際の病院で実習を受ける『臨床実習』に臨みました!
今回はその臨床実習を無事に終えた学生に実習の率直な感想や、臨床工学技士が働く医療現場に触れてきた気持ちをインタビューしてみました!
 
Nさん(大学の附属病院で実習)
IMG_9557n
 
Q:臨床実習を終えて今の率直な感想は?
A:たくさんの治療や手術を見させて頂くことができ、その内容に毎日驚くことばかりで、次の日には何をするのだろうと待ち遠しく、あっという間の実習期間でした。
 
Q:臨床工学技士の働く現場を見てどう思いましたか?
A:「その道のプロだ!」と思いましたね。医療機器に関する知識や技術もそうですが、技士の方の仕事への取り組み方が皆さん格好良かったです!
 
Q:実習で苦労したのはどんな点ですか?
A:教科書で学ぶのと臨床現場の違いでした。例えば、心電図の波形は教科書ではきれいな波形で説明されているものの、実際にはそうとは限らないので、測定された波形が教科書にあるどの波形のことなのか分からない時もあり苦労しました。
 
Q:将来はどんな臨床工学技士になりたいですか?
A:医療スタッフや患者様など、様々な方から頼りにされる臨床工学技士になりたいです。そのためにも、しっかり勉強して国家試験や就職試験をクリアしていきたいと思います。
 
Q:今後、臨床実習に臨む後輩たちに一言お願いします。
A:知識をきちんと身に付けて実習に行くことで、とっても楽しい実習になると思います。あと、医療用語や医療英語の略語は絶対に覚えるべき!です。私は実習初日から分からなくてとても苦労しました。これから実習に行く皆さんはまだ時間はたっぷりあります!どうか頑張ってください!
 
 
Nさんは実習を受けさせて頂いている状況が楽しくて仕方なかった!と話してくれました。
医療現場での学びは学校で勉強することとまた違った体験をすることになり、大変だと感じる時もあったと思いますが、前向きに頑張っていける気持ちを持つことも大事なんです!また、多くの臨床工学技士の方から仕事に対する実直な姿勢を学んでこれたNさんはとても素敵だと思います。
就職活動や国家試験の勉強、どうか頑張ってください!応援しています!
 
臨床工学技士科 南部・籔中

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー

Posting....