ブログ

各学科の授業の様子や最新情報を配信します。

【臨床工学技士科】 アジアを中心としたグローバル人材を育成しています!

2019年10月08日

おしらせ臨床工学技士科臨床工学技士専攻科国際教育

大阪ハイテクは、中国・上海にある上海健康医学院、上海中医薬大学と合弁・合作事業を行なっており、アジアを中心としたグローバル人材の育成に努めています。

 

04n

 

平成29年に厚生労働省から出された「日本の将来推計人口の概要」では、今後日本の総人口は2065年には8808万人にまで減少すると予想されており、日本の様々な市場は縮小していくことが予想され、医療においても患者数の減少病院施設数の減少が起きてくると言われています。

 

01n

 

02n

 

そのため、これからの医療人は今よりもさらに、日本だけでなく世界に目を向けていく必要があり、そうした中で本校では中国からの短期研修生の受け入れや、専任教員による出張講義を行うなど、日中の交流を行いながら日本の臨床工学技士と同じ内容で人材の育成に努めています。

 

大阪滋慶学園の国際事業部という部署では、現地スタッフとして、通訳をはじめ様々な研修のコーディネイトもしており、先日も本校教員が現地に出向き授業を実施してきました。日本語や英語で授業を行い、時には日本語・英語・中国語を混在させて講義する時もあるんですよ。

 

06n

 

03n

 

講義時間が終了すると試験も実施して、中国の学生さんは日本語で書かれた問題を見て解答しますが、とても勉強熱心な学生が多く、皆さん非常にいい点数を取ってくれています。中国での透析技士の制度はこれからですが、日本と同じような『透析を専門とする技士』の誕生はもう目の前まで来ています!

 

05n

 

さて、こうしたアジア圏での『臨床工学技士の普及と育成』にフォーカスを当てた国際会議である『アジア臨床工学フォーラム』が今年は東京で開催されます!

 

これは2年ごとに開催されている会議で、今回は『第4回・アジア臨床工学フォーラム』として11月2日(土)に東京コンベンションホールで開催されます。

 

日本や中国をはじめ、カンボジアやバングラディッシュなどのアジア各国に加え、アメリカからも先生方にご講演頂きます。医療技術の進歩とともに医療機器も進化していくため、専門の人材が必要なのはどの国も同じで、国ごとに異なる問題点があれば情報を共有し、各国のノウハウを生かすのがこのフォーラムの目的でもあります。

是非、ご興味のある方は11月2日に東京へお越しくださいね!

 

多くの皆様のご参加をお待ちしておりますとともに、今後も引き続き、大阪ハイテクでは国際人材育成に教職員一同努力していきます。

 

アジア臨床工学フォーラム・公式HP(http://osaka.jikeigroup.net/face/

 

臨床工学技士科・加藤