ブログ

blog

【日本語学科・臨床工学技士科】 ☆中国上海の学生・教員が1ヶ月の研修中☆

 
大阪滋慶学園と合弁学科の協定を結んでいる上海医療器械高等専科学校から、学生27名と教員3名が10月21日に来日し、本校で1か月の :c15: 研修を受けています。
その研修の様子をいくつか紹介します。
 
まずは開始式 :b4:
 

 
最初は緊張した面持ちの研修生でしたが、大阪ハイテクの校章を胸に付けると、皆さん凛々しい表情になりました。
 
その後、姉妹校を見学して回り、3日目には日本語と臨床工学の授業を受けました。
日本語の授業では、基本的なあいさつを学び、臨床工学の授業では人工透析の基本的な知識について詳しく説明を受けました。
 
   
 
授業が終わった午後は、本校の日本語学科の学生たちと一緒にわらび餅を作って食べました :a6:
 
引率の先生によると、最近の中国の若者は台所に立つことなどほとんどないそうです :c4:
 
:a11: きっといい経験になったことでしょう
 

 
その後も順調に研修が進み、翌週は日本の学生との「国際シンポジウム」に参加しました。
堂々とした発表やまじめな聴講の態度は、日本人の学生も見習うべき点が多かったのではないでしょうか。
 

 
夜は臨床工学技士科の日本人学生と一緒に :a5: ボウリングを楽しみました。
ボウリングは中国ではあまり一般的ではないそうで、ボールを初めて手にしたという学生も。。。 :a6:
 

 
その中で、日本人学生が身振り手振りでやさしく教えている様子がとても印象的でした。
ストライクを決めた時は、みんなが :b15: ハイタッチの輪に入って、とても楽しそうでした。
 

 
研修はまだまだ続きます。
勉強はもちろんですが、日本と中国の学生が仲良く交流して、お互いの理解につながれば素晴らしいですね。
日本語学科 : 小泉
 
 
 
<中国訳>
中国上海的学生和老师正在进行一个月的研修。
和大阪滋庆学园合作办学的上海医疗器械高等专科学校来的27位学生和3名老师于10月21日来到日本那天开始参加了一个月的研修.研修期间的进展做一下介绍。
开始的时候有一些紧张的研修生们,在佩戴学校校徽的时候表情变得严肃起来。
在这之后,去了姐妹校参观学习,第三天上了日语和临床工学的课.日语课学了基本的会话,临床工学的课上详细的学习了人工透析的基本知识。
上完课后和日本语学科的学生一起做了蕨饼,听带队的老师说,最近中国的年轻人不怎么做饭,这次一定会使一次很好的经验。
在这之后研修顺利的进展,第二周和日本学生的一起参加了国际研讨会。庄严的发表和认真听讲的态度,让日本学生也学到了很多东西。
晚上,与参加了研讨会的日本学生一起愉快的打了保龄球。保龄球在中国很少有人玩,第一次玩的人也是有的。
在这之中,对于日本学生温柔亲切的教学身姿手势印象深刻。全部命中的时候大家会击掌,非常开心。
研修还在继续。学习是理所当然的,日本和中国学生的友好交流和相互理解的关系也做得很好。

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー

Posting....