ブログ

blog

授業紹介~鍼灸基礎実技~

新学期が始まって1ヶ月 :a8: クラスメイトも打ち解けて、1年生も専門学校生活に慣れてきたところです!
今日は、そんな鍼灸スポーツ学科1年生の授業をのぞいてみましょう :a4:  :a4: 
 
1年生は、はじめてのはり・きゅうの実技として鍼灸基礎実技の授業があります。
 
IMG_3487
 
いきなり人の身体にはりを刺すのではなく、最初は鍼枕(はりまくら)に刺す練習からはじめます :c11: 
 
 
 
①前揉燃(ぜんじゅうねん)
:はりを刺す部分を揉みます。

②押手をつくり
:はりを持っていない方の親指と人差し指で輪っかをつくり、はりを刺す部分にあてます。

③はりを立て

④そして弾入(切皮)
:はりを刺します。

⑤抜針
:はりを抜きます。

⑥後揉燃
:はりを刺した部分を揉みます。

⑦片手挿管
はりの刺し・抜きを片手で行います。
 
この一連の流れが手元を見ることなくスムーズにできるようになるのが前期の目標です :a2:
 
ペアになってお互いに良い所、悪いところ、出来ているところ、出来てないところの確認をしている所です。
 
IMG_3492 IMG_3493
 
新しい白衣も届き、いよいよ本格的な実技をGW明けから行います!
痛みのない鍼灸治療ができる鍼灸師の手を作る為に、必要な技術の修得に向けてコツコツがんばっていきます!
 
 
鍼灸スポーツ学科  花原

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー

Posting....