ブログ

各学科の授業の様子や最新情報を配信します。

柔道整復師学科の卒業生紹介⑪ ~整骨院も株式会社化され働きやすく~

2019年01月22日

柔道整復スポーツ学科柔道整復師学科

卒業生の活躍を紹介するブログ第10弾 :c11:

今回は柔道整復スポーツ学科を卒業したS・Sさんです :a6:

DSC_0025_TRIPART

Sさんは高校までサッカーをしており、ケガが多かったようですが、柔道整復師の方にお世話になり、すぐに現場復帰することが出来、感動したそうです。これがきっかけで「柔道整復師」を目指しました :a7:

Sさんは卒業後に「株式会社SYNERGY JAPAN ぷらす整骨院」へ就職し、色々な分院で経験をつみ、現在は放出院で活躍しています。

株式会社SYNERGY JAPAN ぷらす整骨院の詳細は下記をクリックしてみてください!

↓↓

1

そういえば :b4: 年末にSさんからクリスマスカードが届きました :a6:

「院長候補に選ばれるなど日々成長しているのを感じます」と書かれていましたよ~

IMG_7981

 

 

ちなみに~ :a6: Sさんは卒業生紹介第2弾で紹介したM・Uさんと同じクラスでした :b8:

柔道整復師学科の卒業生紹介~②あい・メディカル院長・サブマネージャー

 

 

それではお待たせしました :b4:

恒例のインタビューへ~ :a6:

 

DSC_0275 DSC_0282

○仕事のやりがいはどのようなところにありますか?

痛みがあってしんどいと訴えられる患者さまが、施術後に「痛みが楽になった」「体が軽くなった」と帰られる時に嬉しい気持ちになり、すごくやりがいを感じます :c11:

 

○仕事をする上で大切に思うことは何ですか?

・全力で仕事をする :c11:

・来られた患者さまに対して120%以上満足して帰っていただけるように、知識・技術力を磨く :c11:

 

○大阪ハイテクで学んで良かった点は、どんなところにありますか?

・クラスメイト全員とても仲が良く、学校生活を楽しく過ごせました

・先生方は優しく色々と相談しやすい環境でしたし、成績が伸び悩んでいる僕に対しても個別対応してくださることもあり、本当に助かりました :b12:

 

○学生時代、特に印象に残っていること、今に役立っていることは何ですか?

・上海中医薬大学での解剖学実習での経験や知識はとても役立っています。このような貴重な経験は他ではできないと思います。実際に御献体を解剖し、細かいところまで見て学ぶことが出来ました :c14:

 

○同じ業界を目指す後輩へ、一言お願いします。

柔道整復師になるための国家試験合格のために勉強することはもちろん大変ですが、実際に働いてみるとそれ以上に大変なことも待っています。でも、やりがいもたくさんあるので、それに負けずに柔道整復師の仕事を続けて欲しいですね :a6:

知識や技術が身についてくると患者さまの笑顔を作ることができる仕事です。そして、それができることで毎日が楽しくなります。頑張ってください :c11:

 

 

 

柔道整復スポーツ学科・柔道整復師学科 : 池田

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇仕事のこと・勉強の事・試験のこと・将来性など、柔道整復師を目指すうえで気になることがあれば、まずはオープンキャンパスへ :a11:  お申込は→→→コチラ :c11: 

 

◇その他、柔道整復師学科を卒業生した卒業生インタビューをご覧になりたい方はコチラ