ブログ

blog

「ZOOMによるオンライン授業がスタートしました!!!」

先週、オンラインのためのオリエンテーションでスポーツ科学科の全員の顔をみることが出来ていましたので、いよいよ今週から始まる授業は在校生の皆さんも期待と不安で一杯だったのではないでしょうか。 中山ZOOMZOOM中山2
 
それは、教える側の先生もいつもと違うわけですからうまく伝わるかどうか、聞き逃した学生さんはいないかなど2名体制で確認しながらの実施となりました。
 
そこで、数回学生さんとオンラインでつながってみてわかったことが3つあります。
 
その1:「先生は声がでかくなる」
普段から声の大きい先生、そうではない先生いるのですが、職員室も換気のためにドアをあけていることもあり、筒抜けとなります。
その2:「結構みんなまじめに聞いてくれている」
自宅とはいえ、自分以外の周りには比較的人がいない状況のため集中できている様子です。これはこれでうれしい気づきです。
その3:「画面越しのため、先生側は伝わっているのかが不安になる」
普段の対面授業だと反応がわかりやすいのですが、ZOOMを介しての授業だと大きく首を動かしたりしてうなずいてくれるか、あらかじめ「〇×、質問シート」を渡しているためそれをうまく使ってくれるか、何かお願いですから普段より大げさにリアクションしてもらえると助かります。
 
トップバッターは1年生の「運動生理学」の授業だったのですが、織田先生の、「質問ありますか?」や「すすむスピードはこのくらいで大丈夫?」などの問いかけに〇×シートを出してもらえると先生側は助かりますので、次の授業の参考にしてみてくださいね。
続いて2年生の「健康運動実践指導者資格検定」の授業では、中山先生が身振り手振りで説明をしていましたが皆さん見えましたか?教室で授業をしているのとはまた違った緊張感があり、授業の内容もしっかり頭に入ったのではないでしょうか。
 
コロナの影響でいろいろ変化を求められる状況にあり、戸惑うこともありますが、「ピンチはチャンス!!」です。だから楽しんだ方が勝ち!ということで学生さんと寄り添いながらよりよいオンライン授業をすすめて行きたいと思いますので、気づいたことや感じたことなどまた聞かせてくださいね。
 
回をすすめて行くにしたがって、ZOOMの機能もうまく取り入れてグループに分かれてディスカッションなどもしていきたいと考えています。
 
また次回のオンライン授業でお待ちしています。
スポーツ科学科@井上

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー

Posting....