ブログ

blog

アスレティックトレーナー(JSPO-AT)ってどんな仕事??

みなさんこんにちは!
 
先日の鍼灸師の仕事紹介に続き、今日は日本スポーツ協会(JSPO)公認
アスレティックトレーナーの仕事内容を紹介していきたいと思います!
 
JSPO-ATとは
日本で最も歴史のあるアスレティックトレーナー資格で、JSPO公認スポーツドクター
及び公認コーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、外傷・障害予防、
スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション、体力トレーニング
及びコンディショニング等にあたる者とされています :b1:3
最低共通科目150時間専門科目600時間の教育カリキュラムを受け、筆記
試験合格後、実技試験にチャレンジし、合格した者がその資格を有することができます。
 
JSPO-ATの役割(鍼灸師との組み合わせ、鍼灸師は以前のブログをチェック)
 
写真1 (ケガがない状態)
 
写真2 (ケガからスポーツ復帰まで)
 
JSPO-ATの現場
・ スポーツ現場での競技力向上サポート(中学・高校・大学・社会人・プロ)
 
写真3
・ スポーツクリニックでのリハビリテーション業務(病院)
 
写真4
・ 健康増進施設での運動指導(スポーツジム・パーソナルジム)
 
写真5
 
・ その他医療、介護業界など
 
JSPO-ATとしてラグビー業界で活躍する卒業生
 
写真6
 
※他にも野球・バスケットボール・サッカー・アメリカンフットボール・水泳・テニスなど
 
多くの卒業生AT(アスレティックトレーナー)×鍼灸師が活躍しています 😉
 
JSPO-ATと理学療法士(PT)との違い
 
写真7
 
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)は、スポーツ指導・運動指導を
通して、【競技スポーツ選手・運動愛好家・リハビリテーション患者など】の【競技力向上・早期
スポーツ現場復帰・早期ADL(日常生活)復帰など】をサポートする役割を担っています。
鍼灸スポーツ学科では、鍼灸師資格とJSPO-ATを組み合わせ、非常に幅広い世代・競技レベル
生活レベルの方々を診ることができる人材を養成しています!
 
もっとJSPO-ATのことを知りたい方は、是非オープンキャンパスをご活用下さい 😛  :b4:
 
≫≫オープンキャンパスのご予約はこちらから≪≪
 
鍼灸スポーツ学科 山下 浩平
 
 

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー

Posting....