ブログ

blog

【臨床工学技士科】 新入生にインタビュー!(昼間部1年生編)

 
新入生たちも4月・5月の休校期間を経て学校生活にも慣れてき、クラスの雰囲気も和気あいあいとなっています。
 
そんな新入生に少しインタビューできましたので、今回は昼間部1年生のK君の様子をご紹介したいと思います!
 
 
pu1
 
 
Q1:なぜ専門学校への進学を決意したのですか?
 
A1:大学への進学も考えてはいたんですが、将来は医療関係の職業に就きたいと思っていたので、自分の一番やりたいことが大阪ハイテクにある!と感じたので専門学校への進学を決めました。
 
 
 
Q2:臨床工学技士を目指そうと思った理由は?
 
A2:商業系の高校でもあったので、機械やパソコンに触れることも好きで、調べていくうちに『命を支えるエンジニアの臨床工学技士』という職業に気付いて、これしかない!と思って目指すことを決意しました。
 
 
pu2n
 
 
 
Q3:現在の学校生活はどうですか?
 
A3:最初は年齢層や住んでいる地域がバラバラなので不安もありましたが、授業が進むにつれて、教え合ったりして仲良くなって、今では楽しい生活を送れています。アルバイトも週3回程度していますが、アルバイトがない日は放課後に補習で友達と残ったりして勉強との両立もできていますし、部活にも入部したので練習で汗をかいて、いい息抜きができています。
 
 
 
Q4:男子バレー部に入ったんですよね?
 
A4:高校でバレーボールをしていて、顧問の先生からすすめられて『適性AO入試』でハイテクを受験したんですが、やはり専門学校でもバレーボールをしたいという気持ちがあって部活にも入りました。他学科の人とも仲良くなれるので、いい雰囲気で週1回の練習に取り組めています!
適性AO入試についてはこちらから
 
attachment01
 
attachment00
 
 
 
まだ入学して間もない時期ですが、将来は患者様のベッドサイドで会話をしながら、患者様に安心して治療を受けてもらえるような、頼りにされる医療人になりたいと語っていたK君。
 
 
本人はあまり目立つのが好きではなく、縁の下の力持ちとして医療を支えたいと言っていましたが、バレーボールで培ったコミュニケーション力や集中力、そして何よりも大きな声と丁寧な文字を書くK君の今後の成長が楽しみです!
 
 
これからも機会をみて、在校生たちにインタビューしてみたいと思いますのでご期待下さい。
 
 
臨床工学技士科・籔中

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー

Posting....