ブログ

blog

足がつるのを防ぐ食べ物って?

みなさんは、運動中やふとした瞬間に、「足がつる」ことはありませんか?
「足がつる」というのは、「筋肉が”けいれん”している」と考えられます。

では、ここで問題です :c11:
Q:足がつらないように予防するための食べ物は、果物では「バナナ」がいいと言われています。では、野菜では何でしょうか?
A:トマト
B:ホウレンソウ
C:カボチャ
正解は・・・
なんと・・・
「トマト」でした :a7:
トマトは、カリウムを多く含む野菜。
人間の筋肉は伸び縮みする時にナトリウムやカルシウム、カリウムやマグネシウムなどの「ミネラル成分」の化学反応が関わってきます。
このため、汗をかくことによって体内のミネラル分が不足してしまうと、水分が不足して筋肉が十分な代謝を行えなくなります。
このときに神経が異常な興奮状態になり、筋肉が痙攣(けいれん)を起こす可能性が高くなります :b14:
特に、スポーツ中に足がつるという症状は、「筋肉の疲労」に「水分やミネラル分の不足」が重なって起こる事が多いと言われています。
これらの事を考えると、運動中に足がつる事を防止するには、
ミネラル分を含む飲み物・食べ物やサプリメントなどを十分にとること!
さらに栄養が体の中で十分に循環するように水分をしっかり補給すること
が効果的です。
多くは、ふくらはぎにおこりますが、その他の原因は

1、脱水による水分の不足
2、塩分の不足
3、長時間の筋収縮による循環障害
4、低温刺激
5、ビタミン・ミネラルの不足

などといわれています。
よって、カリウムを多く含むトマトが正解です。 :a11:
他にはバナナ、ブロッコリーなどもカリウムを多く含む食品といわれていますので、とりやすいものを食べてくださいね!
もちろん、ホウレンソウはカロチン、ビタミンAや鉄分がたっぷり。
かぼちゃはビタミンEやカロチン、食物繊維が豊富なので、健康と美容のためにもしっかり食べましょう♪
スポーツ科学科では、「スポーツ栄養学」の授業があり、ここで詳しく学ぶことができます。
栄養(食事)の取り方は選手にとって非常に重要 :c10:
暑くなりますが、夏を乗り越えて強い体を作りましょう! :a6:
スポーツ科学科
井上

スポーツ栄養学について詳しく聞ける!オープンキャンパスに参加するには・・・
>> こちらから <<

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー