ブログ

blog

中国医学研修4日目 解剖実習

中国医学研修4日目になりました :b4: 午前中は下肢前面の解剖です :c11:
 
 
下肢(かし)には、膝や足首が含まれます。
スポーツにおいて膝や足首の怪我は発生頻度が高く、その構造と動きを理解することは大変重要です :b4:
解剖学を理解し、運動学を理解し、トレーニングやリハビリテーション、鍼灸治療など、現場の業務につなげる感性が必要です。
傷害を未然に防ぐのも基礎知識があってこそ可能なのです :a2:
 
 
午後からの解剖は頸部(首)前面
神経や血管が非常に多く難しい場所です。
昼食から帰ってきて、すぐさま予習を開始します。
ひとり黙々とやる人もいれば、グループで相談しながらやる人もいます。
勉強の仕方は人それぞれ、向かうべき方向が同じであれば、いつかどこかで出会えます(^^)
もっとも難解な部分の解剖ではありましたが、驚異的な集中力で皆乗り切りました!
 
S__160153611 S__160153613 S__160153608
 
まだまだ解剖実習は続きます!
明日は夕方に大学生とのスポーツ交流、夜には交歓会がおこなわれます :a7:
息抜きを兼ねて楽しんでほしいと思います◎
 
 
今日の締めは、バスケ部Y君とムードメーカー T君のインタビューです!
Yくんの感想
実際に身体の構造を見てみると難しいと感じたけれど、実際見たことで更なる勉強意欲がわいてきました。
 
Tくんの感想
解剖実習はしっかり深いところまで学べるので、予習復習をして取り組むとすっごくためになります。
明日以降も頑張ります!

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー

Posting....