ブログ

各学科の授業の様子や最新情報を配信します。

放射線の力で地層や土器の年代が分かる!?

2019年01月11日

NEW

診療放射線技師学科

診療放射線技師学科教員 櫻井玲です :c11:

 

2019年、新しい年になりましたね!!西暦で2019番目の年。

地球が誕生して46億年、恐竜がいた白亜紀は約1億4500~6600万年前 :a6:

地球や恐竜からすると、ほんのちょっと!!

地球からすると、約46億回もお正月があったってことになりますね!

 

でも、どうやったら地球や恐竜の年代がわかるのでしょうか :c4:

 

ここでも放射線が活躍しています!!

 

「半減期」ってきいたことありますか?

簡単に言うと…「ある物質が元の量から半分になるまでの期間」です。

「砂で作ったお城がちょっとずつ壊れていって、

ちょうど半分壊れるまでの時間」って考えたら、イメージしやすいかな :a6:

 

「ウラン」などの元素は不安定で、ゆ~っくりと壊れていきます。

そして壊れる時に、放射線を出します。

「ウラン235」は、とてもゆっくり壊れていき、約7億年かけてやっと半分になります。

また、その他の放射性物質として「炭素14」という核種があります。

「炭素14」は、5730年で半分になります。

 

半分になっても、無くなるわけではなく、違う物質に変身します。

これを「放射性壊変(崩壊とも)」といいます。

「壊れて変わる」で「壊変」ってわかりやすいですね :a6:

 

「炭素14」も壊れる時に、放射線(β線)をだします。

そのβ線の量を測ることで、年代を測定することができます。

 

例えば

調べた結果、その物体中の「炭素14」の量が4分の1になっていた。

ということは

半減期5730年の2倍

「5730×2」で、1万1460年前のものとわかります。

この測定方法は、誤差が50年しかないってスゴイですよね。

 

大阪ハイテクノロジー専門学校にも、

そのβ線を測定できる機械があります!!!

 

1

Triathler(トライアスラー) ポータブル液体シンチレーションカウンター

 

 

 

…年代測定についてもっと詳しく知りたくなった方……

続きは ★オープンキャンパス★ でっ!!(≧▽≦)

詳しくお話ししましょう!!

 

2019年4月 大阪ハイテクに診療放射線技師学科が誕生します!!

生まれたての放射線技師学科の最初のメンバーになって、

新たな歴史を作っていきましょ~!!

いつでもオープンキャンパスに来てくださいね!!ヾ(*´∀`*)ノ

 

Just a little more!!!   Keep going!!!! You can do it!!!