ブログ

各学科の授業の様子や最新情報を配信します。

【診療放射線技師学科】日常にあふれる≪X≫?!

2019年12月13日

診療放射線技師学科

みなさん、こんにちは :c16:

診療放射技師学科 専任教員の櫻井 玲です :a6:

 

今年も、あと1ヶ月ですね :a4:

年末から新年にかけて、師匠が毎日走り回るくらい忙しい・・・

その姿から、師走という言葉がうまれ、その語源になっているようですね :b4:

(※その他にも諸説あるようですが・・・ :a13:

 

さて、年越しの前に、大きなイベントがあります :a5:

そう :c11: 「クリスマス」です :b3:  :a7:

 

英語で書くと…「Christmas

そのほかにも「Xmas」という書き方も見かけますね :a14:

クリスマス

しかし、「Xmas」を使うのは、主に日本人だけだそうです :roll:  :b12:

 

この「X」という文字。

もともとはギリシャ語で「カイ」と読むそうです。

検定(カイニジョウケンテイ)を習った時は、全く気にもしなかったですが!笑)

 

実はこの「X」、診療放射線技師が、最も見る文字でもあります :c11:

 

もう、お気づきの方もおられると思いますが、、、

 

X線」の「X」です!!

これも「なにかよくわからないからX線」と呼びはじめた」そうです 8-O

 

例えば、

「Xday」

「doctorX」

「XーJAPAN」(紅とか歌ってる人)

「XーMEN」

「容疑者X」 などなど…

 

ちなみに野球の試合で、9回裏とかによく見かける「X」の印。

これも、「バツ」ではなく「エックス」です!

(九回裏で何点とるかわからないけど、勝敗が変わることはない)って意味なんだそうです :b4:

 

私たちの日常の生活にはたくさんの「X」が隠れていますね :a8:

皆さんもぜひ、周りの「X」を探してみてくださいね :c6:

X

》》オープンキャンパスの参加申込はこちら《《

 

診療放射線技師学科  櫻井 玲