ブログ

blog

IoTエンジニアってなにをするの?超わかりやすく解説してみた!

みなさんこんにちは。
今回は、現在大注目されている「IoTエンジニア」という職業について紹介しようと思います。
 
「IoTエンジニア」とは最近よく聞く「IoT」を扱う仕事です。
ですが、「IoTってのは〇〇で〇〇なんだよ~」と答えられる人はあまり多くないのではないでしょうか?
そこでまずは「IoT」について勉強しちゃいましょう!
 
IoTとはInternet of thingsの略称で、直訳したら「モノのインターネット」です。
言葉だけ聞くと「なんだそれ?」って感じですよね笑。
授業 プログラミング
私たちが日常的に使っているいろいろな「モノ」がインターネットにつながっていたらとても便利だと思いませんか?
みなさんの想像通り「モノ」とインターネットが繋がっている「IoT製品」を使用することで私たちの生活を今よりもっと豊かになっていきます!
 
一見、遠い未来の技術のように感じますが、実は私たちが普段使用する家電にもIoT製品は少しずつ増えてきています!
 
例えば、外出先から録画予約ができるテレビや、外出中でも締め忘れたかもしれない家の施錠が可能な電子ロック、声だけで電気やテレビ、カーテンなどを自在に操作できるスマートスピーカーなど!皆さんが知っているIoT製品もあったのではないでしょうか。
 
現在使用が検討されている最先端のIoT製品には、患者の健康状態(睡眠・覚醒・呼吸数・心拍数などのさまざまな情報)を測定する機能で患者の非常事態を知らせてくれる医療用のベッド、自動運転技術搭載の自動車などなど、皆さんが知っているIoT製品もあったのではないでしょうか。
94347886_m
 
未来のIoT製品には、食料品を自動認識するセンサーを付け、自動的に食品を購入してくれる冷蔵庫や、ユーザーの位置情報から自宅にいるときに荷物を届けてくれる配達用ドローン、患者の健康状態(睡眠・覚醒・呼吸数・心拍数などのさまざまな情報)を測定する機能で患者の非常事態を知らせてくれる医療用のベッド、写真のような無人バスなども生まれていくかもしれません。私たちの住む世界がIoT化を進めていくことで、魔法が使えるような世界に変わっていくかもしれませんね。
 
storytelling-4203628_960_720
このようにIoTを扱うIoTエンジニアは「モノ」を「ネット」に繋げることで誰もが住みやすい世の中に変えていく素敵な職業です。
 
しかし、現在、IoTのエンジニアは人材不足の状況にあります。IoT化を進めていくエンジニアの不足だけでなく、IoTの製品を管理するためのプログラミング知識を持ち合わせてる人材も不足しています。
 
皆さん、大阪ハイテクノロジー専門学校の人工知能学科でIoTエンジニアを目指してみませんか?
 

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー