ブログ

blog

鍼灸師の年収は?勤務先別、給与や年収が高い領域を紹介

鍼灸師の職業に興味を持つ方のなかには、鍼灸師の収入が不透明で資格取得や転職に踏み出せない方もいるかもしれません。そこで、鍼灸師の平均年収や勤務先での収入の違い、開業における収入について解説します。年収を増やす方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

鍼灸師の平均年収

鍼灸師は「鍼」や「灸」を用いて身体の自然治癒力を高め、病気の予防や治療をおこなう専門家です。鍼灸師は「はり師」と「きゅう師」それぞれの国家資格を取得することで鍼灸師として働くことが可能です。

主に鍼灸院やクリニックなどの治療院をはじめ、スポーツ業界や、エステサロンなどの美容系施設、介護施設などの高齢者向けの施設など、さまざまな勤務先があります。ここでは鍼灸師の平均的な給与や年収について紹介します。

正社員の場合の平均年収は?

鍼灸師の年収は、厚生労働省が公開している職業情報提供サイト「jobtag」によると、全国平均の年収は443.3万円となっています。求人サイトなどの傾向から見ても、平均年収は約350万円〜450万円、月収は約25万円〜35万円が一般的な相場です。日本人の平均年収と比較してもほとんど変わらず、ごく一般的な年収だといえます。
また、給与形態は毎月の給料が決まっている「固定給制」が多いですが、なかには施術数や売上によって変動する「歩合制」としていることもあります。歩合制の場合、自身の頑張りによって収入アップが期待できる給与形態といえます。
また鍼灸師の平均年収はあくまで平均値であるため、働く地域や働き方によって平均年収は変動しています。同じ形態である治療院で働く場合でも、ボーナスや福利厚生に違いがある場合や自身で独立開業している場合によって、年収に違いがでる可能性があります。

アルバイト・パートの時給相場は?

鍼灸師は、アルバイトやパートといった非正規雇用としても求人募集がかけられています。アルバイト・パートの求人情報サイトの傾向では、時給相場が1,100円〜3,000円と幅広くなっています。勤務地域や条件、経験、能力に応じて時給は変動します。

鍼灸師の平均年収は勤務先によって異なる?

鍼灸師として働く場所はさまざまですが、それぞれの勤務先での平均年収に違いはあるのでしょうか。

鍼灸院に勤務する場合

一般的な「鍼灸院」で鍼灸師として勤務する場合、平均年収は上述したとおりで、ボリュームゾーンは約350万円〜450万円、全国平均の年収は443.3万円に当てはまります。鍼灸院でも全国展開しているような大手の鍼灸院グループと個人経営の鍼灸院といった経営体系によって異なる場合もあります。

グループ企業の鍼灸院に勤めるケース

福利厚生が充実している、給与体系がしっかりしているといった特徴があります。総従業員数も多いためさまざまな上司や同僚たちと一緒に勤務することになり、幅広い視点や思考からスキルや知識が得られます。規模が大きい分、将来的には治療院の責任者や院長を任されるといったキャリアアップの道もあり、収入がアップする可能性も十分に考えられます。

個人経営の鍼灸院に勤めるケース

個人経営の鍼灸院の場合、院長の技術を身近で学べる点がメリットです。経営年数が長く人気の鍼灸院だと、高い技術力をほこる先生である可能性が高いでしょう。個人経営の鍼灸院で勤めれば経営や開業に関するノウハウまで学べる可能性もあるため、将来的に開業を目標としている場合はおすすめです。

美容鍼灸院に勤務する場合

鍼灸師は身体の不調を整えたり病気を予防したりする役割があるため、医療の分野と密接な関わりがあります。しかし、鍼灸師の仕事では美容に応用される鍼灸もあり、エステサロンなどの美容業界でも鍼灸の自然治癒力やリラックス効果などが注目されています。

【美容鍼のおもな効果や目的】

  • ストレスや疲労の軽減
  • 肌のハリや弾力を向上
  • 肌トラブルを予防
  • 顔のたるみ、しわの改善 など

 

美容鍼灸師も、一般的な鍼灸師と同じ資格で勤務が可能です。平均年収は一般的な鍼灸院とほとんど変わりませんが、今後もニーズの高まりが予想され、患者層を幅広くできます。結果的に、収入面においてメリットがあるといえるでしょう。

高齢者向け鍼灸院に勤務する場合

鍼灸師は老人ホームやリハビリテーション施設など、介護や福祉の分野でも活躍できる職業です。鍼灸治療は、神経痛や関節痛などの緩和や内蔵機能の改善など、加齢によって衰えた身体機能もサポートします。副作用もほとんどない治療法のため、高齢者からもニーズが高く喜ばれる施術です。
高齢者向け鍼灸院も一般的な治療院と大きく年収が開くことはありませんが、美容鍼灸院と同じく患者層を幅広くできることから、収入の得られやすさにつながると考えられます。

独立開業する場合

鍼灸師として、自身で独立開業する選択肢もあります。一人で鍼灸院を経営する場合は、患者の人数によって年収や利益に幅があります。コンスタントに患者の施術をおこなえれば、一般的な鍼灸治療院に勤める平均年収が得られます。一方、従業員を雇用して鍼灸院を大きくする場合は、経営方法によって年収1,000万円以上アップの可能性もあり得ます。

鍼灸師の年収をアップさせる方法

鍼灸師として働きながら年収をアップさせたい場合、以下の方法が挙げられます。

鍼灸師に関連する資格を取得

鍼灸師に関連する資格でおすすめなのは、「アスレティックトレーナー」です。アスレティックトレーナーは、プロのアスリートからスポーツ愛好家までを幅広くサポートできる資格になります。スポーツ中のケガやコンディショニング、スポーツ現場の安全と健康管理や救急処置などを主に対応します。アスレティックトレーナーと鍼灸師の資格を併せもつことで活躍の場が広がり、キャリアアップが期待できます。

需要に沿ったスキルを磨く

鍼灸師の活躍の場は拡大しています。たとえば、美容業界では性別問わず美容意識の高い人が増えている傾向にあり、美容医療やエステを日常で利用することは珍しくなくなっています。また、高齢社会である日本では、副作用の少なさや予防治療という観点から高齢者向けの鍼灸の需要がますます高まることが考えられます。そのため、よりよい条件で勤務できる治療院への転職や年収アップにつながるように、それぞれの需要に適したスキルを磨いておくことが大切です。

条件のよい鍼灸院に転職する

鍼灸院でも給与や待遇は異なるため、条件のよい鍼灸院を探して転職することもひとつの方法です。関連する資格取得や需要にあったスキル向上を図ったうえで転職活動をおこなうと、より年収アップを目指しやすくなります。

独立開業する

独立開業して成功させれば、大幅な年収アップを狙えます。独立開業は技術や経験だけでなく、経営のノウハウも必要不可欠です。資格取得やスキルアップも並行して、鍼灸院の経営に関する計画や資金調達など、しっかりと準備したうえで開業を目指しましょう。

まとめ

鍼灸師の年収について紹介しました。勤務地や条件などによって平均年収は変動するものの、自身の資格取得といった努力が年収アップに直結します。キャリアアップを図っていけば、大幅な年収アップを目指せる職業だといえるので、興味のある方はぜひオープンキャンパスにもお越しください。

オープンキャンパス・資料請求はこちら

ブログ カテゴリー